サービス残業の報酬は風俗

どこに何があるのか分からない世界

風俗だけは固定観念を持つのではなくて、もっともっと好奇心を刺激して楽しむものなんじゃないかなって思っているんですよ(笑)他のサービスであれば自分の固定観念で選ぶのは何も悪くはないと思うんです。自分が支払うお金なんです。無駄にしたくないって思うのはある意味では当たり前のことだと思うんですけど、風俗に関しては自分でいろいろなことを選んでみるのもまた、それはそれでとっても面白いものなんじゃないかなって思いますけどね。それだけに、風俗では自分があまり興味を持っていないかなって思うようなものにチャレンジしてみるのも断然ありかなって思っています。むしろその方が自分でもいろいろなことを楽しめるし、ともすれば思いがけないジャンルとの出会いが待っているかもしれません。自分もそうでしたよ(笑)実は今でこそ性感マッサージが大好きですけど、ちょっと前は性感マッサージなんて興味さえありませんでした。それが今では…ですから(笑)

焦る必要はないって思いました

風俗は焦る必要がないと思いました。それはプレイ面に於いてです。人気風俗嬢と楽しみたいのであれば、それは多少なりとも焦った方が良いのかなって思いますけど、そうじゃなくてプレイそのものだけで言えば、焦らないことが勝利の鍵を握っているんじゃないかなって思っているんですよ。焦ってしまうと、自分の中で「早くイカないと」とか、いろいろな気持ちが出てきてしまう部分があるんですよね。それもあって、風俗ではあまり焦る必要はないんだなってことを思いながら楽しむようにしているんですよね。それに、焦ってしまうとどうしても自分の中ではいろいろな気持ちになっちゃうじゃないですか。プレッシャーになってしまったり空回りになってしまうケースだってあるかもしれないじゃないですか。だからそういったことをトータルで考えると風俗は焦らず、じっくりと女の子と向き合う。それがいいなって思いましたね。だから風俗は焦らない。これに尽きるなって思いましたね。